女性転職のホットなサクセススタイル(一般・産後)

女性転職の成功の仕方

転職をする理由は人それぞれ違うと思いますが、女性の場合は転職を考えるきっかけが「結婚」だったり「出産」など人生のライフプランに合わせたものが多いのではないでしょうか。結婚しても共働き夫婦が増えているなか、この会社にいても長く勤めていけるかどうかを考えるといろいろな福利厚生面や働き方で難しいと感じてしまうことがあります。

私生活も充実させて楽しみたい女性だからこそ、転職選びがとても重要です。

■女性の転職は20代後半が多い!

女性の場合20歳後半辺りから「長く勤められる仕事」を探す傾向にあります。

例えば今までは飲食店勤務でシフト制の仕事をしていた、アパレルで働いていてお盆や年末年始に休みがなくずっと立ち仕事で働くことに限界を感じたなどこれから先結婚して子供を産んでからもできる仕事かどうかを考えるようになります。

続けにくい仕事として残業が多かったり、土日休みではなくシフト制だったり、会社で頻繁に飲み会があるなど仕事と私生活のバランスが取れなくなるのを難しいと感じます。

実際に女性が転職をした場合、希望の職種に就けるのかというと「一般事務」などの仕事は1つの求人に対して条件さえ良ければ100人単位の応募がきます。そのため、そのなかから面接に進んで限りある採用枠を獲得するのは簡単な話ではありません。残業が少なく椅子に座ったまま作業ができるので40歳・50歳になっても働いている人が多く採用枠が少ないのもその理由になるかもしれません。

一般事務で面接に合格する為のコツとして

・最低限のPCスキル(Word・EXCEL・ビジネス文章・メール)は身につけておくこと

・コールセンターなど電話対応に慣れておくことで即戦力になる

・面接で休日や福利厚生面については聞かずに、採用後の打ち合わせで確認する

さらに面接時に背筋をピンと伸ばして自信を持って会話をすることが大切です。転職は新卒ではないので、会社にとって即戦力になるかどうかが採用基準になります。

■転職活動の面接を成功させるコツ

転職活動の面接で受かるポイントを紹介しますね!

  1. 履歴書・職務経歴書は手書き

履歴書や職務経歴書はスマホのアプリやPCを使って簡単に作成できるようになりましたね。でも本来履歴書はあなたの人となりを企業に知ってもらうために重要な書類です。字がキレイだと褒められたことがあるのにあえてPC入力で作ってしまうと、あなたのアピールポイントが減ってしまいます。少し手間がかかるかもしれませんが、手書きであなたの経歴や希望を伝えられるようにしましょう。たくさんの履歴書があっても手書きのキレイな字で書いてあるもの方が評価も高くなります。

 面接でうまく話せなくてもいい

面接で会話をうまく話して自分をアピールしようと意気込んでしまう人もいるのですが、面接ではうまく話せなくても全く問題はありません。むしろ一生懸命自分をアピールしようとしている前向きな姿勢がやる気にも繋がりますし、この人と一緒に仕事がしたいなと思ってもらうことに伝わります。面接官に興味を持たせることが転職活動を成功させるコツでもあるのです。

 笑顔で感謝の言葉を伝える

面接の終わりに「本日はお時間をいただきましてありがとうございました」と笑顔で挨拶をするだけでも、何倍も印象がUPします。面接をスタートする時にも「宜しくお願いします。」と必ず挨拶をしましょう。一般事務の場合特に中小企業など感じが良く、今いる他のスタッフとうまくやっていけるかどうかを基準に選ぶ場合があります。

転職を成功させる為にはどんなにすごい学歴よりもあなたらしさをアピールすること、数をこなすのではなく1つ1つの面接としっかりと向き合い面接に挑みましょうね。

女性転職のサクセススタイル産後編

昔の女性は結婚して子供を出産したら、子供が手を離れるまではしばらくは子育てに専念するのが一般的でしたが、近頃は出産してすぐに仕事を始めるお母さんも増えています。育休・産休を経て元の会社に戻る場合もありますが、出産後は新しい会社に転職する女性も増えています。心機一転新しい会社での仕事を選ぶ理由やその転職先を選ぶ時の注意点を説明します。転職活動が失敗に終わらないために覚えておいて欲しいポイントです。

■産後に転職するお母さんが増えている理由

出産してすぐの時期は育休などの制度によって会社に顔をだすことがなくなります。そこから数ヶ月経って職場復帰すると、今までとは職場のメンバーが変わっていた、雰囲気が変わっていてその状況に馴染めない場合もあります。

本来職場復帰するお母さんを温かく迎えて上げて欲しいところですが、どうしても風当たりが冷たくなってしまうこともあります。慣れない子育ても大変なのに、人間関係や職場環境の悪いところで働きながら育児や仕事を両立するのはなかなか難しいものです。

さらに、出産前はフルタイム勤務で働いていても産後は子育てもあってフルタイムで働くのが厳しい場合もあります。時短勤務で働きたい、子供の保育園のお迎えを他に頼める人がいないなどある程度条件付きで仕事をする必要があるので、こういった条件を飲んでもらえない場合などに転職を考える女性が増えているのです。

■産後に転職する場合におすすめの条件は?

産後に転職をするのを考えた場合、どんな条件であれば安心して働けるのかその上で契約時の条件でどんなポイントに注意するべきなのかを説明します。

  • 短時間勤務OK

産後いつから仕事をするのかによっても変わってきますが、赤ちゃんを育てながら仕事をするのであれば長時間勤務だと厳しくなります。例えば午前中・午後だけの仕事や保育園の延長料金がかからない夕方までの仕事など、短時間勤務を認めてくれる職場を探すようにしましょう。仕事だけでなく育児や家事などに忙しいお母さんにとって、子供が小さいうちからフルタイム勤務だと大変なので、時間の融通がきく職場がいいでしょう。

  • 土日休み

お父さんの仕事が休みの日は、お母さんにとっても楽ができる日にするなど少しでも気持ちを楽にできる日が合ったほうがストレスなども少なく育児が楽しめます。週末はお父さんに育児を変わってもらってもいいですし、家族で外出する日があってもいいでしょう。土日休みをしっかりと取れる職場の方が続けやすいはずです。

  • 福利厚生の充実

健康保険や年金・雇用保険など福利厚生が手厚い転職先の方が安心です。特に契約社員や正社員でフルタイム勤務を希望する場合、福利厚生の充実度で働く上での生活が変わります。有給なども合わせて確認した上で、福利厚生が満足できる職場を探しましょう。

■産後の転職は無理せず働き続けられる職場を

産後になってすぐにでも仕事をスタートしたい!なんてお母さんも増えていますが、どうしたって優先順位は日々の生活です。その生活を変えることなく働けること、家事・育児・仕事をこなすことこそがライフスタイルの充実でもありますね。 産後は今までの生活とは違うので、続けるのが難しいと思えば新しい職場に転職するのだって難しい話ではありません。働くお母さんを応援してくれる職場もたくさんありますので、あなたが無理なく働ける場所を選ぶようにしましょう。 女性ならではのライフスタイルの変化でも働き続けられる職場はとても重要です。生活のためだけでなく、日々の充実のためにも産後は楽しく続けられる仕事に挑戦してみてください。人間関係や環境のいい職場でのびのびと働きましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!